話題のタネまとめブログ

日常生活において話題のタネとなりそうな記事を書き連ねていくブログです。
まじめなニュースから笑えるネタまで幅広く取り扱っています。



1 ベクトル空間 ★ :2021/09/16(木) 17:22:22.10

https://www.sankei.com/article/20210916-MIYXRSTP5FJ3JNVMZCJBENTUCI/
(全文はリンク先を見てください)

立憲民主党の枝野幸男代表は16日、
共産党が「敵の出方論」に立った暴力革命を選択肢から排除していないとする
従来の政府見解について、衆院選で政権交代を実現した場合
、変更する可能性を示唆した。
国会内で記者に「枝野内閣で変更するのか維持するのか」と問われ、
「少なくても私は、今、共産が暴力革命を目指してい


【立民代表 枝野幸男 「共産は暴力革命方針」の政府見解を枝野内閣では変更することを示唆】の続きを読む



1 potato ★ :2021/09/16(木) 19:36:38.26

https://nordot.app/811028953040404480?c=134733695793120758

岡山県警によると、15日午後4時15分ごろ、岡山市北区上中野の路上で女子小学生への卑わいな声かけが発生しました。(実行者の特徴:若い男性、2人組、10~20歳、白色Tシャツ、緑色迷彩柄ヘルメット、黒色自転車)

■実行者の言動や状況
・自転車に乗り、下校途中の女児に卑わいなことを言った。
・「よう、おっぱい」

■現場付近の施設
・大元小学校、ファッションセンターしまむら下中野店


【【事案】「よう、おっぱい」 10~20歳の若者2人が下校中の女子小学生に声かけ】の続きを読む



1 水星虫 ★ :2021/09/16(木) 20:02:33.36

ベビールームで使用済みおむつ盗んだか 幼稚園職員逮捕 成田

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20210916/1080015914.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

今月12日、千葉県成田市で商業施設のベビールームに侵入し使用済みおむつを盗んだとして
建造物侵入の疑いで幼稚園職員が逮捕されました。

逮捕されたのは成田市本城の幼稚園職員 伊藤達也容疑者(30)です。
警察によりますと、伊※藤容疑者は今月12日の午後5時半ごろ成田市内にある店舗の
ベビールームに侵入しゴミ箱に入っていた使用済みのおむつを盗んだということです。

今月14日、当時、店舗を利用していた男性客から「不審な男がベビールーム内の
使用済みおむつを持ち去るのを見た」と警察に相談があり、店舗内の防犯カメラなどを捜査していました。
警察によりますと、これまでに同様の被害届は出されていないということです。

伊藤容疑者は「使用済みおむつをゴミ箱から盗むために侵入した」と
容疑を認めているということで、警察は詳しい動機などを調べています。

09/16 19:17


【【あかん採用】ベビールームで使用済みおむつ盗んだか 幼稚園職員男(30)逮捕・成田】の続きを読む



1 ぐれ ★ :2021/09/16(木) 20:03:51.86

※2021年9月16日 06時00分

 新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は年齢別、男女別の接種回数と副反応の傾向を初めて公表した。重度のアレルギー反応「アナフィラキシー」の報告頻度は女性に多く、心臓に炎症が起きる心筋炎や心膜炎は、若い男性に顕著にみられた。

◆ファイザーとモデルナ、年齢や性別に傾向

 「以前より取り組んでいた年齢、男女別の推定接種回数について概算を試みた」。厚労省予防接種室は、ワクチンの副反応を審議する10日の検討部会で、米ファイザー製と米モデルナ製の推定接種回数を明らかにした。
 接種してからワクチン接種記録システムに入力されるまでは時間差がある。そのため、同システムだけでなく、ワクチンの在庫や配送、分配を効率化するワクチン接種円滑化システムからもデータを集積。副反応の報告数を推定接種回数で割り、100万回接種あたりの報告頻度として計算した。
 8月22日時点で、国内でのファイザーの推定接種回数は約1億150万回で、60歳以上が69%。モデルナは約1640万回で、60歳以上は16%だった。男女別では、ファイザーは女性が、モデルナは男性が過半数を占めた。
 接種者の年齢や性別構成に違いが表れた理由について、厚労省担当者はファイザーは医療従事者、高齢者から接種が始まり、モデルナは職域接種で使われていると説明。「精緻に全て言えるわけではないが、高齢者は基本的に女性が多い。医療従事者も看護師ら女性が多い。働いている人は男性が多い」と推察した。
◆心筋炎や心膜炎のリスクは?

 接種者の属性が違い、モデルナの報告数が少ないことから、両ワクチンの単純比較は難しい。それでも、アナフィラキシーが女性に多く、胸の痛み、心不全や不整脈から死に至ることもある心筋炎、心膜炎は若い男性に多い点は共通している。
 10代のモデルナ接種者で心筋炎、心膜炎の割合が突出した。理由は、19歳が4人報告されたからだ。現時点では全体に重複報告も含まれていることから、厚労省は精査を急ぐ。若者の心筋炎、心膜炎が多い理由はまだ特定されていない。
 日本循環器学会は7月、「新型コロナワクチン接種後の急性心筋炎と急性心膜炎の発症率は、新型コロナ感染後の急性心筋炎と急性心膜炎の発症率に比較して極めて低い」とする声明を発表。感染後に発症しても大半が軽症として、「ワクチン接種による利益は、ワクチン接種後の急性心筋炎と心膜炎の危険性を大幅に上回る」と呼び掛けた。

続きは↓
東京新聞: アナフィラキシーは女性、心筋炎は若い男性 ワクチン副反応の傾向を厚労省が初公表<新型コロナ>.
https://www.tokyo-np.co.jp/article/131083


【【コロナ】アナフィラキシーは女性、心筋炎は若い男性 ワクチン副反応の傾向を厚労省が初公表】の続きを読む



1 速報 ★ :2021/09/16(木) 19:06:44.28

肥満は新型コロナを重症化させるだけでなく、後遺症やワクチンの効果にも影響
9/16(木) 7:37

肥満は新型コロナを重症化させる
肥満というのは、ボディマス指数(BMI)で定義されます。「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出しますが、日本では25以上と定義されているものの、WHOの国際基準では30以上と定義されます。みなさんも一度自分のBMIを計算してみてください。

肥満と新型コロナの関係はすでに知られたところです。新型コロナ陽性になるリスクや入院・死亡のリスクがかなり高くなります(1,2)。

大阪府の吉村知事の会見で提示されたフリップによると、第5波の重症者におけるBMI30以上の比率は11.7%で、国民健康・栄養調査報告における比率3.8%の約3倍だったことが示されています(3)(図1)。特に40代以下の重症者におけるBMI30以上の比率は、22.7%と極めて高い結果でした。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kuraharayu/20210916-00258412

肥満は新型コロナの後遺症を長引かせる
(省略)
肥満は新型コロナワクチンの効果を減弱させる
(省略)
とはいえ、感染を予防する基本的な効果は保証されており、重症化予防効果については長期間期待されることから、「どうせ肥満だから」と悲嘆にくれる必要はありません。3回目以降の新型コロナワクチン接種が必要な集団を議論する際、役立つデータになるということです。


複数のリスクが相互に悪影響
(省略)


【肥満は、新型コロナが重症化しやすく、後遺症が残りやすく、死亡率が高くなり、ワクチンの効果を減弱させる】の続きを読む



1 ボラえもん ★ :2021/09/16(木) 15:44:02.56

 多様性が叫ばれる昨今、「一人ひとりが公平であるべき」という社会の空気感は年々強まっている。
だが、新刊『平等バカ-原則平等に縛られる日本社会の異常を問う-』(扶桑社新書)を上梓した
早稲田大学名誉教授・山梨大学名誉教授(生物学者)の池田清彦氏は、
「今の日本は、上っ面の“平等”を追い求めた結果、かえって不平等を招き、非合理極まりない事態に陥っている」と話す。
「平等が正義」とされる社会風潮がもたらす弊害について、池田氏が指摘する。

(中略)

■平均から少しでも下の烙印を押されると…
 さらに池田氏は、誰もが等しく受けられる義務教育自体が、学力格差を拡大する要因となっている面もあると指摘する。

「日本の公立小学校や中学校では、基本的には全員が同じ授業を受けています。
平均的な能力の子の場合は、授業の速度や進め方に困ることはほとんど無いでしょうが、そのレベルに達していない子はそうはいきません。
教師の話はチンプンカンプンで、みるみる差が付いてしまいます。

 しかし、だからといって落ちこぼれそうな子にレベルを合わせて授業を行えば、
平均的なレベルの子たちの時間を持て余すことになり、それはそれで具合が悪いということになる。
日本の公教育は平均的な者に最も手厚く、平均的な者が一番得をするように出来ているのです。

 本来なら習熟度別にクラスを編成するほうが合理的だし、結果的には公平なのだけれど、
義務教育でそうやって序列を付けると、格差が顕在化して、いじめなど別の問題が生じかねない。
“普通が一番”という感性が子供にまで浸透している日本では、平均的とされるレベルから少しでも下の烙印を押されると、一気に生きづらくなってしまうのです」

 平均的なレベルの子に合わせた教育システムは、平均より高い能力のある子にまで悪影響を及ぼす可能性もある。

「『歴史上最高の数学者』と呼ばれるカール・フリードリヒ・ガウスは、小学1年生の時『1から100までの数を全部足しなさい』という問題を一瞬で解いてしまったといいます。
ガウスほどではなくても、人並み外れた才能を持つ子は一定数います。
そういう子にとっては平均レベルの勉強など容易いものなので、本来であればもっと難しい問題に挑むチャンスを多く与えるべきです。

 例えばアメリカでは、州によって違いはあるものの、基本的には能力に応じた学年に子供を配置する方針が取られています。
優秀だと認められれば小学校を早々に卒業出来たり、飛び級で大学に入学することもできます。
『ギフテッド』と呼ばれる突出した才能に恵まれた子を、国を挙げて支援する環境が整えられているのです。

 しかし、年齢に応じた“平等”な教育を貫く日本では、飛び級が認められるのは千葉大学などごく一部の大学と大学院だけで、
少なくとも義務教育過程では一切認められていません。そのため、授業がどれほど物足りなくても、中学を卒業するまではただ我慢して過ごすこととなります。
当人にとっては大いなる時間の無駄遣いと感じることもあるでしょうし、場合によっては類稀なるキャパシティを生かしきれないまま、
その後の人生まで影響を及ぼす可能性もある。能力を無視した『平等』なシステムのおかげで、せっかく稀有な才能があっても宝の持ち腐れになりかねないのです」

(全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/articles/5765f1faee8e8da93ebd50df8be8e1097ac42518?page=1


【【社会】上っ面の平等主義にとらわれ、才能のある子も落ちこぼれのどちらも不幸にする「日本の義務教育」というシステム】の続きを読む

このページのトップヘ