話題のタネまとめブログ

日常生活において話題のタネとなりそうな記事を書き連ねていくブログです。
まじめなニュースから笑えるネタまで幅広く取り扱っています。



1 Ikh ★ :2022/06/25(土) 12:58:09.08

【6月25日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)前米大統領は24日、連邦最高裁判所が女性の人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた1973年の「ロー対ウェイド(Roe v. Wade)判決」を覆す判断を下したことを「神の決断だ」と述べた。

 最高裁判事らは6対3で、中絶の可否は各州の裁量に委ねられるべきだとの裁定を下した。これについてトランプ氏は米FOXニュース(Fox News)で「憲法に従った判断で、昔は与えられていたはずの権利が取り返された」と述べた。

  トランプ氏は同インタビューで、在任中に定員9人の連邦最高裁に保守派3人を送り込んだことが裁定に影響を及ぼしたと思うかとの質問に「神の決断だ」と答えた。

 しかし、その後に発表したコメントでは「きょうの判決は、中絶反対派にとって最大の勝利だ。私が有力な憲法学者として名高い3人を最高裁判事として指名し、承認させたからこそ実現した」と自らの功績をアピール。「非常に名誉なことだ」と述べた。

 トランプ氏の在任時の人事によって最高裁は保守色が強まり、同氏に指名されたニール・ゴーサッチ(Neil Gorsuch)氏、ブレット・カバノー(Brett Kavanaugh)氏、エイミー・コニー・バレット(Amy Coney Barrett)氏はいずれも今回の判断で賛成に回った。

 トランプ氏はさらに、民主党員とメディア、「RINO(リベラル寄りの共和党員の蔑称)」は「国民の敵」と非難。

「急進左派は、わが国を破壊しようと躍起になっているが、皆さんの権利も、この国も守られている。米国を救う希望と時間はまだ残されている!」と述べ、「私は、この国の偉大な人々のために闘うことを絶対にやめない!」と続けた。(c)AFP

AFPBB News 2022年6月25日 12:45 発信地:ワシントンD.C./米国
https://www.afpbb.com/articles/-/3411419?cx_part=top_topstory&cx_position=1

【【米国】中絶否定は「神の決断」 トランプ氏、最高裁判断で功績アピール】の続きを読む



1 少考さん ★ :2022/06/24(金) 21:55:40.61
※NHK

男女の賃金差 開示義務化へ 従業員300人超の企業 厚生労働省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220624/k10013686681000.html

2022年6月24日 15時50分

働く女性の待遇改善につなげるため、厚生労働省は従業員が300人を超える企業に、全従業員や正社員など3つの区分で、男女の賃金の差について開示を義務づける方針を決めました。関連する省令は来月施行される見通しで、事業年度の終了後、おおむね3か月以内の公表が求められることになります。

厚生労働省が去年行った調査によりますと、女性の平均賃金は月25万3600円で、男性の賃金を100とした場合、75.2%となっています。

男女の賃金格差の改善に向けて政府が、従業員が300人を超える企業に男女の賃金の差について、開示を義務づける方針を決めたことを受け、厚生労働省は労使の代表などでつくる審議会で24日、関連する省令の改正案を示し了承されました。

それによりますと、基本給や残業代、ボーナスなどから男女の年間平均賃金を、企業で働く全従業員、正社員、非正規雇用の3つの区分で、それぞれ算出したうえで、男性の賃金に対する女性の賃金の割合の公表を義務づけます。

改正された省令は来月、施行される見通しで、各企業ごとの事業年度の終了後、おおむね3か月以内の公表が求められることになります。

開示された情報は、企業のホームページや厚生労働省のデータベースで、確認できるようになるということです。


※関連リンク
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_26311.html

【男女の賃金差 開示義務化へ 従業員300人超の企業 厚生労働省】の続きを読む



1 どどん ★ :2022/06/24(金) 14:00:16.69
 兵庫県尼崎市で全市民46万人分の個人情報が紛失した問題で、USBが見つかったと市が明らかにしました。

 6月21日、尼崎市から業務委託を受けていた会社の関係社員40代男性が全市民・約46万人分の氏名、生年月日、住所など住民基本台帳に記載されている情報や、生活保護などを受けている世帯の口座情報などが保存されたUSBメモリーを紛失しました。

 市は6月23日から専用ダイヤルで市民からの問い合わせを受け付けていますが、1万6000件以上の問い合わせがきているということです。

 内容は“個人情報が流出していないか不安に感じる声”が多く、紛失したUSBについて有力な情報はないということです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d5849ae8baecd719f0f4701e1b6051a5eb55b1f3

【紛失のUSBが見つかる 兵庫・尼崎市】の続きを読む



1 minato ★ :2022/06/24(金) 21:58:17.84
自公、改選過半数上回る勢い 立民伸び悩み、参院選序盤情勢




(出典 static.tokyo-np.co.jp)


(出典 static.tokyo-np.co.jp)



 共同通信社は第26回参院選について22、23両日、全国の有権者に電話情勢調査を実施し、3万8千人以上から回答を得た。取材も加味して公示直後の序盤情勢を探ったところ、自民、公明両党は改選124議席の過半数(63議席)を上回る勢いだ。立憲民主党は改選1人区での共闘が限定的となり、伸び悩む。日本維新の会は選挙区、比例代表ともに議席増が見込まれ、立民と野党第1党の座を争う構図だ。
 自公に日本維新の会、国民民主党などを加えた「改憲勢力」は、国会発議に必要な3分の2以上の議席維持をうかがう。投票先未定は選挙区で31・2%おり、今後、情勢が変わる可能性もある。

https://nordot.app/912810128683974656?c=39546741839462401
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656061110/

【【参院選】「れいわ」「NHK党」「参政党」議席獲得か 社民は0 共同通信序盤情勢】の続きを読む



1 ジョーカーマン ★ :2022/06/24(金) 21:09:56.64
乃木坂46の早川聖来が出演するミュージカル「CROSS ROAD」(シアタークリエ)が、25日に予定していた2公演を中止することを発表した。

24日13時にも公演が行われる予定だったが、「出演者の体調不良のため、急遽公演中止とさせていただきました」と東宝演劇部の公式Twitterで説明。

その後、早川の体調不良により公演を中止したことを明らかにし、「明日6月25日(土)13時と18時の公演につきましても、やむを得ず中止とさせていただきます。お客様には、重ねて深くお詫び申し上げます」と発表した。

なお、26日以降の公演については、25日20時までに改めて説明される予定。
中止公演回のチケットの払戻しは、決定次第公式サイト等にて発表される。

「CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~」急遽公演中止
稀代の天才ヴァイオリニスト・パガニーニと、彼を惑わす音楽の悪魔・アムドゥスキアスを題材とし、藤沢文翁が原作・脚本・演出を手がける本作。

アムドゥスキアスに中川晃教、パガニーニのWキャストに相葉裕樹・水江建太。
早川はアーシャ役を務めており、公演は同所にて30日まで予定している。

http://mdpr.jp/news/detail/3221685

早川聖来出演 ミュージカル「CROSS ROAD」

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


乃木坂46 4期生 早川聖来

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

【【乃木坂46】早川聖来(21)が体調不良!出演ミュージカルが急遽公演中止】の続きを読む



1 minato ★ :2022/06/24(金) 00:02:02.55
今週はいよいよ参院選が22日にスタートする。堅調に高支持率をキープしてきた岸田政権・自民党は、止まらぬ物価高への不満を背景にここに来て内閣支持率が2~5%程度ダウンする動きがあったものの、投票先としては以前として自民党が37.5%のトップ(時事通信6月10~13日調査)を快走。対する野党は立民と維新が6%台でしのぎを削りあう低迷ぶりだ。

しかし、そうした中で“ダークホース”として急速に注目を集めつつある新興勢力が諸派の「参政党」だ。


「泡沫」のはずが、党勢じわじわ拡大
参政党は2021年4月、元大阪府元吹田市議の神谷宗幣氏、政治系YouTuberのKAZUYA氏、政治アナリストの渡瀬裕哉氏、財務省OBで元衆院議員の松田学氏、ジャーナリストの篠原常一郎氏の5人のボードメンバーで結成。5人の共著の題名にもなった「投票したい政党がないので自分たちでつくってみた」という触れ込みで活動を開始した。

しかしまもなく路線の行き違いが出始め、KAZUYA氏と渡瀬氏が離脱。新たに医療法人会長の吉野敏明氏、昭和の伝説的な右翼活動家、赤尾敏(1889~1990)のめいで、アルミ製造会社会長の赤尾由美氏らが中核メンバーとして参加した。政策的には反グローバリズムを掲げるなど保守色を強めてリニューアルし、国会での議席獲得を目指して政治活動を本格化。昨年12月には、神谷氏、松田氏らのメンバーと、中部大学元特任教授の武田邦彦氏らが参院選をめざして参戦することを表明した。

10人以上の候補者を擁立したことで「みなし政党」(諸派)扱いとなったものの、当初メディアの大半は「泡沫」としてしか見ておらず、マスコミが定番の選挙報道記事以外に取り上げることがないどころか、ネットメディアでもほとんど報じられなかった。

しかしYouTubeチャンネルで24万人超の登録を誇る松田氏に代表されるように、ネットの発信力が小さくなく、国の新型コロナワクチン政策に異論を唱え、マスク着脱の自由化を訴えるなど“独自のコロナ政策”で支持を増やし、リアルでも全国各地で街頭イベント、政治資金パーティーを開催して党勢をじわじわと拡大。関係者によると、今月中旬には、党員数は5万人を突破、選挙資金も4億円集めるまでになった。

(略)

https://sakisiru.jp/29893

【【参院選】泡沫のはずが大穴 !? 「参政党」議席獲得のサプライズあるか 党員5万人超、選挙資金4億円集金…【反ワクチン】】の続きを読む

このページのトップヘ