話題のタネまとめブログ

日常生活において話題のタネとなりそうな記事を書き連ねていくブログです。
まじめなニュースから笑えるネタまで幅広く取り扱っています。



1 孤高の旅人 ★ :2021/07/27(火) 15:20:02.88

天皇陛下宣言中の菅首相ら不起立問題で組織委が謝罪
7/27(火) 13:34配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3bfeb6ae2a0383ebf04f45b5b6b2b5515a23198

23日に行われた東京オリンピック(五輪)の開会式で、大会名誉総裁を務める天皇陛下が開会宣言を述べられた際、隣に座っていた菅義偉首相や小池百合子都知事らが当初着席したままだった件について、東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、起立を促すアナウンスができないミスがあったと明らかにした。

組織委の高谷正哲スポークスパーソンによると、この件について内部で確認したところ「台本では、天皇陛下の開会のご宣言の際に『皆さん、ご起立ください』というアナウンスを予定していた」という。

しかし、その前にあった国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長のスピーチの最後に、バッハ会長が「開会宣言をお願いします」と発言したことで「そのままの流れで開会宣言に入ってしまい、アナウンスするタイミングがなくなってしまった」と高谷氏は説明した。

陛下が起立して宣言を始められた時、まだ首相も都知事も着席したまま。状況に気づいたとみられる小池氏がまず立ち上がり、菅氏も促されるようにして立っていた。その様子がNHKの生中継に映ったことで物議を醸していた。

組織委は、至った経緯を説明した上で「関係者に混乱を生じさせてしまい、申し訳ないと考えております」と謝罪した。【木下淳】

★1:2021/07/27(火) 13:46:35.71
前スレ
【東京五輪】天皇陛下宣言中の菅義偉首相や小池百合子都知事ら不起立問題で組織委が謝罪 [孤高の旅人★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627361195/


【【東京五輪】天皇陛下宣言中の菅義偉首相や小池百合子都知事ら不起立問題で組織委が謝罪】の続きを読む



1 影のたけし軍団 ★ :2021/07/27(火) 15:29:55.73

感染の急拡大が続く新型コロナウイルスへの対応について、東京都の小池知事は記者団に対し「病床の確保を進めている。
じわっと重症者が増えているのが気になる。

ただ、きのうも感染者のうち65歳以上の占める割合は2%で、要は若い人に早くワクチンを打ってもらうことが重要だ」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210727/1000067902.html


【【東京・小池都知事】 「コロナ感染者のうち65歳以上の占める割合は2%で、要は若い人に早くワクチンを打ってもらうことが重要だ」】の続きを読む



1 ブギー ★ :2021/07/27(火) 16:37:01.18

子ども被害情報など(大阪市平野区瓜破西1丁目)
 7月27日午前11時35分ころ、平野区瓜破西1丁目10番付近路上において、男子中学生に対して、不審者が「ヤマシタ家はどこですか。」と声を掛け、その後上半身を露出する事案が発生しました。
 不審者は、年齢40歳位、身長160センチ位、短髪の黒髪、白色Tシャツ、紺色長ズボン、白色マスク着用の女1名です。

https://www.gaccom.jp/safety/detail-723074


【【事案】男子中学生に声をかけ上半身を露出する女 大阪】の続きを読む



1 ramune ★ :2021/07/27(火) 18:42:42.30

東京五輪、やはり開催してよかった…「中止」を訴えてきた野党とマスコミの「今後」

■やはり開催してよかった

7月23日から東京五輪が開幕した。連日の日本選手の活躍に、筆者も大きな感動をもらっている。

ちなみに、本コラムにおいて、筆者は、2ヶ月前、今の五輪時に「もし新たな波が来ても、100万人当たり25~38人程度(全国で3000~4500人程度)だろう」と書いている
〈コロナ感染は「あと1ヵ月」でピークアウトする…「波」はワクチン接種で防げる〉。

厚労省によれば、7月24日の新規感染者は3576人、7日間移動平均で3903人( https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)なので、筆者の予測はほぼ当たっている。

しかも、今回の「波」内訳を見ると、過去と比べて顕著な差がある。つまり、新規感染者増のほとんど若い人によるもので、高齢者ではそれほど増加していないことだ。
それはもちろん、ワクチン接種が高齢者にはかなり行き渡ったからだ。

いずれにしても、筆者の新型コロナの予測は、今回も含めてこれまでもほとんど当たっている。

なお、100万人あたりの新規感染者数と新規死亡者数、それに、100人当たりのワクチン接種状況のG7における国際比較を上げておこう。いずれも、日本はG7の中では優等生である。

この程度の新型コロナ状況では、医療崩壊は考えにくいので、しっかりした対策の上で五輪を行い、そのスポーツのもたらす感動を得ようというのが、筆者の前々からの考え方だった。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/85559?imp=0

■参考
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/606583
国内で27日、新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が7千人を超えた。


【【さざ波】高橋洋一氏「コロナの新規感染者は全国で3000~4500人でピークアウトする。筆者の予想は当たる。」】の続きを読む



1 首都圏の虎 ★ :2021/07/27(火) 18:30:41.56

 菅義偉首相は27夕、東京都の新型コロナウイルス感染者が過去最多の2848人となったことに絡み、東京五輪をこのまま続けるかについて「人流は減っている。そこ(中止)はありません」と述べた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/119736


【【菅首相】五輪「中止の選択肢ない」 東京のコロナ感染、最多の2848人も】の続きを読む



1 樽悶 ★ :2021/07/27(火) 01:02:19.11

夏になると、「ゾッとしたい」「冷や汗をかきたい」といったさまざまな理由から心霊スポットを訪れるなど、肝試しをする人が増えます。

日蓮宗の六尺法師(@6SYAKU_HOUSHI)さんは、毎年夏は心霊スポットに行ったであろう人からのお祓い依頼が急増するとTwitterで明かしました。

僧「ふざけて心霊スポットには行かないで」

心霊スポットに行ってきたと思われる人は、相当な割合で「見様見真似で、とりあえず盛り塩をしておいた」というのだとか。

しかし、六尺法師さんによると盛り塩をしたからといって、お祓いなど寺で行う内容に変更はないといいます。

六尺法師さんは、まずは寺に来てから話を聞くため「余計なことをせず、さっさと寺にいらしてください」とつづりました。

夏は『心霊スポットに行ったであろう方』からのお祓い依頼が急増するのですが、結構な割合で「盛り塩はしておきました」と仰ります。しかし大変僭越ながら、そのご報告は「今朝は今年1番の快便でした」程の意味しかありませんので、余計な事をせずさっさと寺にいらして下さい。現場からは以上です。
https://twitter.com/6SYAKU_HOUSHI/status/1417483403541295104

加えて、六尺法師さんは盛り塩についての考え方を明かしました。

「見様見真似でとりあえず盛り塩をしておいた」という報告は、相談された我々側が寺でするお勤めには何の影響もない(盛り塩の有無でやることを変えるわけではない)ので、まず寺に来てから話を聞きますよ、というのがツイートの趣旨です。

盛り塩が結界うんぬんなどというのは、個人の信仰や俗信、地域の民俗学の影響が多分に考えられるので、否定はしませんが、我々専門の僧ですら一元化して一律に語れるものではありません。

また、「もうふざけて心霊スポットに行くのをやめる」と誓ってもらうといいます。

ふざけ半分で心霊スポットに行き、何か異変を感じたら自分で解決できず他人に頼ることしかできないのならば、行かないことが1番だと訴える六尺法師さん。

特に夏は、お盆で繁忙期のため余計な仕事を増やさないでほしいと苦言を呈しました。

一応追記しておきますが、仮に寺に来て頂いた場合、まずは「もうふざけて心霊スポットに行くのをやめる」事を誓って頂くのが大事だと思っています。結果として自分では何も出来ず、寺などに頼るしかないのであれば、初めからそんな状況になる事をしないのが1番の対策ですよね。ただでさえ夏場は
https://twitter.com/6SYAKU_HOUSHI/status/1417705683366014978

ご承知の通りの繁忙期ですので、余計な仕事を増やさないで頂きたい所です。電話1本取るのも人間1人使うわけですからね。

ちなみに1番多いのは免許取り立ての高校生と、時間もお金も持てるようになってテンション上がっちゃってる大学生ですね。学生諸君もっと楽しい事いっぱいあるぞ!
https://twitter.com/6SYAKU_HOUSHI/status/1417706340303073282

六尺法師さんは、依頼が多い除霊についてこのように語っています。

除霊・浄霊という単語がよく見られるのですが、そもそも我々伝統仏教教団の正式な僧は、(多少の宗派差、地域差は考えられますが)基本的に除霊や浄霊などという名目で何かすることはありません。

そのため、仮に寺に来ていただいても除霊・浄霊といった名称のことはしない場合がほとんどです。

我々のような宗派という組織に属し、基本を仏教においている立場の人間は、いわゆる『霊感商法』は自発的に積極的にするものではありません。

もちろん求められた場合には、例えば霊とされる対象への供養(仏教でいう成仏を願う)や、縁切りの祈祷(修法)などをすることは大いにありますが、それらは除霊・浄霊といったものとは別のものです。

日蓮宗には、世界三大荒行とも呼ばれる修行があり、六尺法師さんも大荒行を成満してきました。

そこでは、生霊、死霊、狐憑き、疫神、呪いなどへの対処や解除法を学ぶといいます。

そういった立場だからこそ、「心霊スポットなどに行き、厄介ごとになったら除霊・浄霊などというものではなく、シンプルに『もう行かない』ということを寺で誓わせる必要があると思っている」と明かしました。

投稿には、さまざまな声が寄せられています。

・本当にそう思います。周りも迷惑です。
・お疲れさまです。面白半分に来られたらそりゃ怒るよね。
・『君子危うきに近寄らず』ですね。

2021年7月23日 16:46
https://www.excite.co.jp/news/article/Grape_987673/

★1:2021/07/26(月) 20:28:50.41
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627306548/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【肝試し】「ふざけて心霊スポットに行かないで」 若者から急増する呆れた依頼とは】の続きを読む

このページのトップヘ