話題のタネまとめブログ

日常生活において話題のタネとなりそうな記事を書き連ねていくブログです。
まじめなニュースから笑えるネタまで幅広く取り扱っています。



1 水星虫 ★ :2021/06/21(月) 03:19:27.31

寝屋川市 冷凍庫の電源抜けワクチン510回分廃棄

http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/20210621/2000047383.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

大阪・寝屋川市は、新型コロナウイルスワクチンの保管に使う冷凍庫のコンセントが
何らかの理由で抜け、ワクチン510回分を廃棄したことを明らかにしました。
市は「原因の究明と再発防止に努めたい」としています。

19日正午すぎ、大阪・寝屋川市の新型コロナワクチンの集団接種会場で、
ワクチンの保管に使う冷凍庫のコンセントが抜けていることに、現場責任者を務める委託事業者が気づきました。
中にはワクチン85本、510回分が入っていましたが、溶けていたため、市は廃棄したということです。

集団接種には代わりのワクチンを使ったため、遅れなどの影響はありませんでした。

市によりますと、接種会場の建物は18日の接種終了後に施錠され、その際に現場責任者は、
冷凍庫の電源が入ってることを確認したと説明しているということです。
寝屋川市は今回の事案を警察に相談するとともに、会場の開け閉めを行った際には、
コンセントの状態がわかる写真を送るよう、現場責任者に求めることにしています。

寝屋川市新型コロナワクチン感染症対策室は、「貴重なワクチンを廃棄することになり申し訳なく思う。
引き続き原因を調べるとともに、再発防止に努めたい」としています。

06/21 00:35


【冷凍庫のコンセント抜けに現場責任者を務める委託事業者が気づく ワクチン510回分廃棄 警察に相談へ・寝屋川】の続きを読む



1 七波羅探題 ★ :2021/06/21(月) 07:14:26.34

ポストセブン2021.06.20 16:00
https://www.news-postseven.com/archives/20210620_1669313.html?DETAIL

容姿に恵まれず、収入も財産も乏しい中年男性を「キモくて金のないおっさん」、略して「KKO」というネットスラングが広まったのは、2015年ごろのこと。KKOこそ決して救われない社会的弱者なのではという問題提起だったが、キャッチーな呼び名が生まれただけにされてしまった。俳人で著作家の日野百草氏が、KKOを自称する元保育士男性に、「顔が苦手」と感じていることを主張の核にしたコラムが批判されたいま、KKOの境遇は変わったのかについて聞いた。
* * *
「結局、ブサイクなおっさんに人権なんかないんですよ」

 突然の大雨にも楽しそうな男女の嬌声が響く北関東の巨大ショッピングモール、内藤豊さん(42歳・仮名)は以前よりも沈んでいた。

「でも、お婆ちゃんまでブサイクなおっさんに冷たいなんて思いませんでした」

 内藤さんは2020年3月の『41歳元保育士男性が語る「罰ゲームのような人生」の要因』で話を聞かせてもらっている。あのときの取材はちょうどバレンタインデーで場所も同じ。今回は6月12日の「恋人の日」は避けられたが、やはりおっさん二人がキッズコーナーの女児向けカードゲームを眺めながら語り合うというのは地獄だ。それでも他ならぬ内藤さんのため。

「すいません、いつも遠いのに来てもらって」

 今回も内藤さんからの呼び出し。彼とは同人イベントで知り合ってからの長い付き合いで、女児向けアニメやゲームのキラキラな世界が大好きな乙女おじさんだ。

「僕、また介護士やってるんです。保育の仕事に戻るのは無理そうなんで」

 内藤さんはかつて保育士をしていたが、彼の容姿は”ルッキズムの最底辺”(本人談)であり、幼少期から『ドラゴンクエスト』シリーズの「ばくだんいわ」他、ありとあらゆる蔑称を背負わされた。純粋な意味で子どもが好きで乙女な内藤さん、公立高校から保育の専門学校に進み、”子ども仕事は容姿重視”なんて面接ハラスメントに耐えながらも晴れて私立保育園に採用された。しかし「子どもが大好き」はイケメンなら心優しい青年だが、彼の場合は事案となる。結局、理不尽な女児に対するいわれなき疑いをかけられて退職せざるを得なくなった。内藤さん、以前の取材当時は二号警備で食いつないでいたが介護士の経験もある。それにしても、保育の仕事に戻りたいと言っていたのに再び介護の仕事についたとは。

「同じ介護でも有料老人ホームと特養だと全然違いますけどね」

 前述の通り、内藤さんは以前、ごく短い期間に介護士の経験がある。しかし以前の施設は要介護4以上ばかりの特養で認知症がすすんだ利用者も多く、入所者との会話はほとんどなかった。コミュニケーションが活発で自立状態の入居者を対象にした有料老人ホームとはまた違う。介護福祉関連の話は本旨ではないためこの程度に留めるが、それにしても「お婆ちゃんまで冷たい」とはどういうことか。

「元気なお婆ちゃんって容赦ないですよ、お爺ちゃんも大概ですけど、僕にしてみたら容姿であれこれ言われることは少ない。でもお婆ちゃんってイケメン好きで、若いシュッとした介護士には優しくても、僕には下僕あつかいです」

 お婆ちゃんはイケメン好き、すごくわかる。デイサービスに行きたがらないお婆ちゃんもイケメンが迎えに来ると喜んで出かける。お婆ちゃんは女児同様、わかりやすいイケメン青年が大好きだ。でもマスクをしていればわからないのでは?

「マスク越しでもブサイクがわかるくらいのブサイクだから辛いんですよ」

僕みたいなその辺のおっさんは誰もかばってくれない
 本音のところ、男女問わず人間の大半は美しいとされるもの、自分が美しいと思うものが好きだろう。それは仕方のない話だが、だからといってブサイクだから、醜いからと口にするのは論外だ。

「あたりまえの話ですけど、その当たり前って小さなコミュニティでは守られません。とくにブサイクな男、まして僕みたいなキモいおっさんは何を言ってもいいってなります。ずっとそうでしたから、わかります」

 近年、SNSなどを中心に容姿で差別してはいけない、ルッキズム反対という意見は増えてきた。

「でも実社会ではどうですかね。そんなことを言っている人も、個々人の内輪レベルでは美醜で判断してるでしょう。しょせんネットの話、人間なんてそんなもんです。それに差別しちゃいけない対象に男、ましてや”おっさん”は入ってません」
(以下リンク先で)

★1・6/21(月) 00:08


【容姿差別に苦しむ40代男性介護士「お婆ちゃん達の口があんなに悪いとは」「ブサイクなおっさん」】の続きを読む



1 みの ★ :2021/06/21(月) 05:32:37.21

 1本の映画を無断で10分程度にまとめてストーリーを明かす「ファスト映画」と呼ばれる違法な動画の投稿が、YouTubeで急増し、著作権を持つ映画会社などの団体が調査を始めました。

 この1年で950億円余りの被害が確認され、団体は投稿者の特定を進め、法的な措置に乗り出しています。

 映画の映像や静止画を無断で使用し、字幕やナレーションを付けてストーリーを明かす10分程度の動画は、短時間で内容が分かることから「ファスト映画」や「ファストシネマ」と呼ばれています。

 著作権法に違反する疑いがありますが、去年の春ごろからYouTubeへの投稿が目立つようになり、映画やアニメの会社などで作るCODA=コンテンツ海外流通促進機構が実態の調査を始めました。

…続きはソースで。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210620/k10013094761000.html
2021年6月20日 19時20分


【【NHK】映画を無断で短くまとめたファスト映画の投稿急増で、コロナ禍の映画産業に危機感 法的措置も】の続きを読む



1 太陽数千倍ほどの面積を持つガスリング ★ :2021/06/21(月) 07:15:16.59

新型コロナウイルスのワクチン接種が本格化している。先行する欧米各国では、コロナ以前の日常に戻る動きもあり、日本でも追いつき追い越せの大合唱。だが、そんな中でともすれば忘れられがちなのは、接種は強制ではないことだ。接種のメリット・デメリットは十分周知されているか、打たない選択をしても差別や偏見にさらされないか。「打たない自由」を考える。(石井紀代美、佐藤直子) 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/111340

父親のワクチン接種後の重篤な副反応について、ネットで情報発信している原田さん(本人提供)

◆父の副反応報告→猛バッシング
 「アメ横や日本橋に出かけると、1日歩き回って夜まで家に帰ってこないぐらい元気な人だったのに…」。信州大特任教授で、若者マーケティングの第一人者・原田曜平さん(44)は声を落とす。
 やや糖尿の傾向はあったものの、ぴんぴんとしていた父親(83)に異変が起きたのは5月10日だった。コロナワクチンを接種し、帰宅後に体調が悪化し、その後、高熱が出続けた。
 母親が、都の副反応相談センターに電話すると「熱が出ることはよくある」と言われた。しかし、接種3日後、体温が約40度まで上がり、原田さんも自宅へ駆けつけた。

 接種後の副反応で体中に赤い斑点ができた原田さんの父親の脚(原田さん提供)

 父親は布団にうつぶせになり、意識は朦朧としていた。着替えのためシャツを脱がせると、体中に発疹。なぜか右のわきの下が、ぼっこりはれ上がっていた。父親は救急車で病院へ運ばれ、集中治療室(ICU)にも入った。全身に赤い斑点が出て「一時は赤鬼のような状態だった」。
 「ワクチンが原因の可能性が高いと考えます」。医師の診断書にはそう書かれていた。このまま進行した場合、敗血症や多臓器不全となり「致死率が20~30%に至ります」とも。
 父親は現在も入院したままだが、熱は下がり、命に別条はないという。ただ、以前のように体は動かず「よちよち歩きで、階段は5段上るのがやっと」。今後、自立した生活は困難とみられ、看護師の助言で要介護認定の審査を受けた。
 こうした一連の経緯から、ワクチンの副反応に関する情報が少なすぎると感じた原田さんはツイッターやユーチューブなどで父親について発信した。だが、「持病が悪化しただけ」「接種の不安をあおるな」などと猛烈なバッシングを浴びた。「私は反ワクチン派でも何でもない。目の前の事実を伝え、一つの判断材料にしてもらおうと思っただけなのに」と原田さん。
◆症例未記載 国の情報公開にも不信感
 一方、重篤化する父親を間近で見ていた母親は、意外にも、迷わず接種を選んだという。原田さんは「ちょっと様子を見よう」と声をかけたが、最終的には「孫を抱っこしたいし、変異株もこわい」という母親の意志を尊重した。「ワクチンを打つも打たないも、個人の選択。『副反応がこわいから打たない』という人がいてもいい。打たない人が、生きづらくなる社会にしてはいけないと思う」
 父親の一件を受け、原田さんは国の情報公開に不信感を抱くようにもなった。厚生労働省が副反応事例をまとめた「報告症例一覧」に、いまだ父親のケースが記載されていないからだ。
 厚労省医薬安全対策課の担当者は「医療機関から報告があれば記載されるはずだ。患者が退院後に送ってくることもあるし、副反応ではないと判断されれば、そもそも報告が来ない」と説明するが、原田さんは「ワクチンへの社会不安が高まれば、接種が思うように進んでいかないと思っているのかもしれないが、それは逆効果。包み隠さずすべての情報を出した方が社会不安は抑えられる」と訴える。
※前スレ
【同調圧力】コロナワクチン「打たない自由」はない? 接種は「努力義務」なのに…差別、偏見、同調圧力 [太陽数千倍ほどの面積を持つガスリング★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624221586/


【【同調圧力】コロナワクチン「打たない自由」はない? 接種は「努力義務」なのに…差別、偏見、同調圧力】の続きを読む



1 和三盆 ★ :2021/06/21(月) 05:42:17.45

 「高校生が、婚活イベントを企画しています」。そんな情報が、西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。準備を進めるのは、熊本県菊池市の菊池高商業科3年生たち。教室や体育館を舞台に青春の一ページを再現し、甘酸っぱい「出会い」を演出する。支援を予定する市は「高校生ならではのアイデアが詰まっている」と熱い期待を寄せる。

 企画の最大の特色は「時間割」。早朝の登校(集合)時間から時間割に沿ってイベントを進行させていく。「学校は安心感があり、青春時代にタイムスリップでき、会場費もかからない」と発想した。「担任役」も登場する。自己紹介やアプローチの仕方などを指南するのは、熊本市の婚活コーディネーター荒木直美さん(52)。これまでに1500組以上のカップルを誕生させてきた実力派だ。

 計画では、2限までは荒木さんの授業(事前レクチャー)や対面式。3、4限は特産品の調理実習で、料理を昼休みの自由時間に食べながら緊張をほぐす。ただし、この昼休みもうかうかしてはいられない。気になる人の靴箱にラブレターをしのばせることができ、ライバルを出し抜くチャンスなのだ。5限のドッジボールは「意中の人からのボールには当たりに行く」などの特別ルール。6限は告白タイムとなる。

 同校によると、商業科3年生は2年次から、6グループに分かれて地域課題を見つけ、解決策を提案・実行する授業に取り組んできた。婚活イベントを企画する生徒たちによると、同市で少子高齢化が進む現状を学び、このままでは地域経済も衰退すると憂慮したという。未婚率の上昇が少子化の一因と知り、出会いの場づくりに一役買おうと、企画を練ってきた。

 10月開催を目指し、学校や市と募集方法や参加者名簿の管理などの役割分担を詰めていく。荒木さんは「日本の未来を背負う世代が、純粋な気持ちで結婚問題を考えてくれることは、未婚化が進む社会への問題提起になる。当事者(独身者)だけでなく、地域や私たち結婚支援者にとってもありがたい」と話す。

 企画グループの東采輝(さやか)さん(17)は「自信を持ってやり遂げ、カップル成立を成功させたい」と意気込んだ。
https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/757877/


【少子化、高校生が止めます 女子高生らが婚活イベント】の続きを読む



1 みなみ ★ :2021/06/20(日) 21:03:05.74

6/20(日) 16:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/39054426ccfc23c10e69317d54f52dc49edb29ee

共同通信の世論調査によると、菅内閣の支持率は44.0%だった。前回5月の調査は41.1%、今回の不支持率は42.2%だっ

以下ソースで


【【社会】菅内閣の支持率44%、不支持は42%】の続きを読む

このページのトップヘ