話題のタネまとめブログ

日常生活において話題のタネとなりそうな記事を書き連ねていくブログです。
まじめなニュースから笑えるネタまで幅広く取り扱っています。

話題のタネ



1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/18(水) 18:49:47.30

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.05.18 15:17FLASH編集部
https://smart-flash.jp/entame/182298/1

(出典 data.smart-flash.jp)


問題になった放送回では、上白石が登場するのは入浴シーンのみだった

 5月15日に本土復帰50周年を迎えた沖縄県。そこを舞台に繰り広げられているのが、放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』だ。

 じつは、5月17日の放送回が議論を呼んでいる。

 劇中でも、1972年5月15日の沖縄県本土復帰の日を迎え、それと同時に一男三女の次女である主人公・比嘉暢子(黒島結菜)は、料理人を目指すべく上京した。

 東京には、ボクサーになった長兄の賢秀(竜星涼)がいるはずだったが、所属ジムを訪れると、賢秀はデビュー2試合めで大敗を喫し、試合途中に逃げ出したまま帰ってきていない。さらに、ジムに借金を残したままだという。

 議論になったのは、沖縄に残った長女・良子(川口春奈)と三女・歌子(上白石萌歌)の会話の場面だ。

 お風呂に薪をくべながら、電話で教えられた長兄の“現況”を心配する良子。入浴中の歌子は「うちはちょっと安心したよ。にーに(賢秀)に殴り合いは似合わない」と良子に返す。

 カメラアングルは、歌子を演じる上白石萌歌がお湯に浸かっているところを正面から映す形で“入浴シーン”に変わり、上白石のデコルテなどが露わになっている。

「姉妹の会話のやり取りを表現するシーンであれば、川口春奈さんだけを映し、上白石さんは声だけで登場させるなどの方法もあったはずですし、入浴にこだわる必要もないはず。“朝ドラ”としては、少し攻めすぎたシーンだったと思います。

 それに劇中では、歌子はまだ高校生の設定。そんな登場人物の肌を露出させるシーンが流れたことにも、疑問が残ります」(芸能ライター)

 放送後からインターネット上では、このシーンの必要性に疑問を投げかける声が上がった。

《ドラマから滲み出る制作側の女性蔑視観や様々なマイノリティに対する差別意識がほんまキツいなと思ってたけど、今日の歌子の入浴シーンは本気で誰も止めなかったの? 入浴がどうしても必要な場面とは到底思えないし、サービスシーンのつもりで撮ってるのなら末期だと思う。ヤバイよ》

《上白石萌歌さんの入浴シーン、気の毒で仕方がない。》

《料理とか洗濯とかで良いじゃないか。女子高校生の入浴シーンとか今もう令和だよ。公共放送が何やってるの? もっと考えなよ。》

《歌子の入浴シーンに視聴者歓喜! みたいなの期待したのかな?》

 前出の芸能ライターは語る。

「最近の『ちむどんどん』は、都合よく展開したり、描写に矛盾が多いストーリーが『ちむどん界』と称されたりと、話題になっています。

 視聴率は安定して15%台をキープし続けていますが、毎朝の放送後には『#ちむどんどん反省会』なるハッシュタグが作られ“感想戦”が繰り広げられるんです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)


【【朝ドラ】『ちむどんどん』上白石萌歌の“入浴シーン”に疑問の声「誰も止めなかったの?」「もう令和だよ」】の続きを読む



1 お断り ★ :2022/05/18(水) 21:03:50.41

フィンランド、マリン首相:「今のロシアは、ほんの数カ月前ともはや別物です。侵攻ですべてが変わり、ロシアを隣にして平和な未来を信じることはもうできない」

長年“中立”の立場を支持してきた世論も、この侵攻で一変しました。NATO加盟を求める声は増え続け、いまや80%近くの人が加盟を支持しています。

フィンランド国民:「父は『今にもロシアが来るぞ』といつも言っていて『1940年代じゃないし、落ち着いて』と返していた。それでも父は『いやいやロシアはいつ来るか分からないぞ』と。父は正しかったのですね」「ロシアは“力”しか尊重しない。『目には目を』です。NATOに入れば、私たちはその力を手にできる」

詳細はソース テレ朝 2022/05/16 23:30
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000254888.html

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652870559/


【【北欧】 マリン首相 「ロシアを隣にして平和な未来を信じることはもうできない」】の続きを読む



1 七波羅探題 ★ :2022/05/17(火) 20:27:28.91

世界情勢の変動による円安、物価高などで将来の不確実性が増す中、安定した就職先を確保するため難関大学の人気がいっそう高まっている。私立大学では「早慶上理」と呼ばれる早稲田、慶応、上智、東京理科のほか、「GMARCH」としてひとくくりにされる学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政の人気も高いが、ここ数年は各グループの大学間で難易度に差が開き始めており実態をうまく反映していない、という指摘も受験業界から出ている。

大手予備校講師がこう言う。「よく『早慶上理』と言いますが、これは早慶に上智と東京理科を加えると難関大合格者数が多く見えるという塾や予備校の宣伝のためです。早慶に比べ上智はカトリック高等学校対象特別入学試験、通称カトリック推薦という独特な入学方法がありますし、実際に早慶よりは合格しやすい。早慶の理系学部と東京理科の間にも開きがあります」。一方、「GMARCH」については「学習院は皇室ブランドもあって微妙なのですが、明治、立教、青学と中央、法政の差は開きつつあります。なお中央は23年4月に看板である法学部が都心の茗荷谷キャンパスに移転してきますので難易度は高まることが予想されます」(同)。

興味深いのはこれらの私学7大学を「早慶SMART(スマート)」と呼んでいることだ。早慶を最難関として、残りの上智(S=SOPHIA)、明治(M)、青学(A)、立教(R)、東京理科(T)をその次のクラスの大学群として位置付けているのは明らかだろう。栄東の「進路情報」に掲載されている大学ジャンルは「国公立大等」「早慶SMART」「医歯薬獣」「医学部医学科」の4つ。大学合格状況一覧の中に中央、法政、学習院の名はなくGMARCHに続く日東駒専などの合格者数も割愛されている。栄東の進路指導がどのあたりの大学を目標にしているのかを如実に表しているかのようだ。

「早慶は東大、東工大、一橋大の受験生の併願校なので極めてハイレベルな戦いとなっていて早慶落ちの東大合格もザラにいます。特に早稲田の大学入学共通テスト利用入試は東大以上の難易度になることもあります。就職に強い早慶合格を優先させるなら早めに超難関国立大に見切りを付けるなどの対策が求められます」(同)。

超難関大受験には“スマート”な決断力が必要ということのようだ。

(長文の為一部略)

Encount 5/17
https://encount.press/archives/311635/


【【進学】難関私学大の新グループは「早慶SMART」 近年の「ランク変動」反映した新解釈】の続きを読む



1 ひかり ★ :2022/05/18(水) 05:40:07.21

 お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(59)が、今夏の参院選にれいわ新選組から立候補する意思を固めたことが17日、分かった。関係者によると、師匠のビートたけし(75)には報告を済ませたという。18日に東京・阿佐谷で行うトークライブに出演。れいわの山本太郎代表(47)の来場が告知されており、この場で正式表明となる。

 水道橋は15日に山本氏が川崎市内で行った街頭演説会場を訪れた際、山本氏から「ウチから出てください」とラブコールを送られていた。この時「もちろん検討します。経済政策で一番正しいと思っているのはれいわ。(政策の)消費税ゼロで行けると思っている」などと前向きに答えていた。その直後のスポニチ本紙の取材には「2万%出馬しません」と弁護士の橋下徹氏(52)が大阪府知事選への出馬を否定した際に用いたコメントで立候補をにおわせていた。

 選挙戦では「スラップ訴訟反対」を訴えていくものとみられる。スラップ訴訟とは通称「いやがらせ訴訟」とも呼ばれ、批判する相手に対し、反対運動を封じ込める目的などで起こす。水道橋は15日、街頭でマイクを握り「(大阪市の)松井一郎市長から訴状が届いた。反スラップ訴訟の法律を作りたい」と語った。山本氏は「自分自身がスラップの被害者ならば、その立場に立って、立法していくのはかなり説得力がある」と共闘を呼び掛けていた。

 元々、水道橋と松井市長のバトルは2月、松井氏を批判したYouTubeを水道橋が引用して、ツイート。その内容について松井氏はツイッターで「水道橋さん、これらの誹謗(ひぼう)中傷、デマは名誉毀損(きそん)の判決が出ています」とし「言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」と警告していた。今回訴えられたことについて、水道橋は「スラップ訴訟」と主張している。

 山本氏はビートたけしが司会を務めた「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画に「メロリンQ」として出演し、芸能界入り。水道橋とは「たけし」でつながる縁もある。“れいわのたけし軍団”としてタッグを組む。

 ◇水道橋博士(すいどうばしはかせ、本名小野正芳=おの・まさよし)1962年(昭37)8月18日生まれ、岡山県出身の59歳。ビートたけしに憧れ、明大に進学するも4日で中退。たけしに弟子入り後、浅草フランス座での活動を経て、1987年に玉袋筋太郎(54)と漫才コンビ「浅草キッド」を結成する。テレビ朝日「ザ・テレビ演芸」やテレビ東京「浅草橋ヤング洋品店」で人気を博した。近年はコメンテーターとしても活躍。血液型A。

 《ノックさん、きよし、東国原ら》国会議員に転身したお笑い芸人には、1968年の参院選で初当選し、後に大阪府知事を務めた横山ノックさんらがいる。71年には立川談志さん、74年にはコロムビア・トップさん、86年には西川きよし(75)が参院選に当選。たけし軍団からは東国原英夫(64)が宮崎県知事を務めた後、2012年に衆院議員となった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a5a428fb4e8b4775402b7bcf7f22edf5dc74a99


【【芸能】水道橋博士 れいわから今夏参院選出馬、師匠・たけしにも報告済み】の続きを読む



1 ぐれ ★ :2022/05/18(水) 07:03:04.46

※2022/05/17 18:00共同通信

 日本郵便は17日、宛先の名前が分からなくても住所だけで送れる新たな郵便サービス「特別あて所配達郵便」を6月21日から本格導入すると発表した。手続き書類や振込用紙を送るといったNHK受信料の徴収業務を支援するために昨年6月に試験導入した。インフラ系の企業などからの引き合いもあり、収益が確保できると判断した。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2022051701001246


【【日本郵便】住所だけで郵便配達 NHKの受信料徴収支援】の続きを読む

このページのトップヘ